報告 2023年を振り返る~だいぶ前ですが4月28日に「偲ぶ会」がありました 森川 雅美

 今年「脱原発者社会をめざす文学者の会」は4人の会員を失った。
 会の主柱として会長を勤めていた、現在日本の最も重要な作家の一人だった加賀乙彦さん。会の実務全般を支えてくれた編集者の山本源一さん。会を陰ながら支えてくれた、現在の俳句の中心の一人でもあった黒田杏子さん。さらには、地味ながら愛知県で戦争体験を伝えつづけた長谷川園子さん。加賀さんと長谷川さんは90歳を越え、黒田さんも80代、山本さん以外は高齢だったが、会にとって大きな痛手という他ない。

 だいぶ前になるが4月28日に「4人を偲ぶ会」を行った。
 会員と親しい者だけの20人くらいの会で、献花や遺影もないささやかな会だったが、書籍や写真、遺品などを持ちあって皆で思い出を語るアットホームながら良い会だった。
 まず、森詠さんが愛憎こもごもの加賀さんを語り、ただ褒めるよりも深い愛情を感じさせる。続いて森川の黒田さんの思い出と作品に関する一考察および、悼む自由詩の朗読。歓談の後、中村敦夫さんが俳優らしく実にリアルに山本さんの思い出を語り、会場を湧かせる。最後に、伊神権太さんがあまり知られない長谷川さんの仕事を紹介。加えて、山本さんの遺族が私たちの知らない素顔の山本さんを語り、他にも多くの人が故人について思い出を披露する。
 短歌の朗読や歌もあり、新たな出発となるにぎやかに偲ぶ会だった。

関連記事

最近の記事new

  1. 連載 故郷福島の復興に想う 第15回――神奈川避難者と共に歩む会に参加して 谷本 多美子(アイキャッチ画像 歩む会談話室)

  2. 福島の郷土の歴史を残すために 野武 由佳璃

  3. 連載 原発の蔭と影第16回 電車の発展と発電所 天瀬 裕康

TOP