おもいで 北久保 まりこ

240108075617487

酌み交はす和やかな輪に旅立ちし人も加はる信濃追分

 しなの鉄道の小さな駅から散歩がてら行った所に、ひっそりとした蕎麦屋がある。
 お姉さんに、胡桃蕎麦と冷酒をたのむと「明鏡止水、ありますよ」。無愛想ながら私の好みを覚えていた。
 静かに注がれ、表面張力をこえるまでを見守るのが好きだ。
 別荘からいらした小説家のK先生と、ここでばったりお会いした夏が過る。赤ワインを嗜み、九十の坂を超えて尚健筆を揮っておいでだった。ひんやりと爽やかな味わいが、世の隔て無く懐かしい方々を連れてくる。

(初出 角川『短歌』10月号)

240108075553587

関連記事

最近の記事new

  1. 連載 故郷福島の復興に想う 第15回――神奈川避難者と共に歩む会に参加して 谷本 多美子(アイキャッチ画像 歩む会談話室)

  2. 福島の郷土の歴史を残すために 野武 由佳璃

  3. 連載 原発の蔭と影第16回 電車の発展と発電所 天瀬 裕康

TOP