第11回〝文学サロン〟 『牧野富太郎』を語る 上山 明博(ノンフィクション作家)

 今年のNHK連続小説「らんまん」の主人公のモデルとなった牧野富太郎。ドラマ化発表以前の2021年より取材を開始した著者は、牧野博士に関する膨大な資料を渉猟し精査する一方、生まれ故郷の高知・佐川から終の棲家となった東京・練馬の居宅跡まで、関係各所を訪ねた。そうした2年におよぶ丹念な取材調査を通して、博士がみずから書き記した自叙伝や自叙伝のプロットをなぞった多くの伝記などとは大きく異なる牧野富太郎の隠された素顔が浮かび上がった──。近著『牧野富太郎:花と恋して九〇年』(青土社)を上梓したノンフィクション作家の上山明博さんに、取材のエピソードも交えて牧野富太郎の実像について語っていただきます。(日本文藝家協会事務局)

・主催=脱原発社会をめざす文学者の会/共催=日本文藝家協会

・開催日時=9月4日(月)午後6時~7時半 (午後5時半開場)

・参加費=1,500円(ドリンク付き)

・お問い合わせ&申し込み=公益社団法人 日本文藝家協会事務局→https://www.bungeika.or.jp/event.htm

・会場アクセス=日本文藝家協会 会議室(地下鉄 有楽町線 麹町駅1番出口より徒歩3分)

 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋ビル新館5F

イベント情報 | 日本文藝家協会 (bungeika.or.jp)

関連記事

最近の記事new

  1. 連載 故郷福島の復興に想う 第15回――神奈川避難者と共に歩む会に参加して 谷本 多美子(アイキャッチ画像 歩む会談話室)

  2. 福島の郷土の歴史を残すために 野武 由佳璃

  3. 連載 原発の蔭と影第16回 電車の発展と発電所 天瀬 裕康

TOP